【プライベート向け】アイスブレイクを用いた効果的なコミュニケーション

こんにちは、genjyuです。

    会話のきっかけに「アイスブレイク」が大事と聞いたけど、なにをしたらよいのかわからない。
    そもそもアイスブレイクってなに?

という疑問に、5年間ビジネスサロンでコミュニケーションを学んできた僕がお答えします。

スポンサードサーチ

アイスブレイクは緊張をほぐす魔法のコミュニケーション

アイスブレイクはビジネス以外の場面でも使えます。
意味としては、下記のように使われます。

「初対面の人同士が出会う時、その緊張をときほぐすための手法」

引用:wikipedia

「初対面」というのがキーで、これはビジネスだけでなくプライベートの場でも使えますよね。
「同世代の人と会う」「友達の友達と会う」など、「なにを会話のネタとして話したらいいのかわからない」ときに使えます。

今回はビジネストークというよりも、プライベートで仲を深めたいときに使えるアイスブレイクを紹介します。

スポンサードサーチ

プライベートでできるアイズブレイクネタ

アイスブレイクをしたいけど、なにを話せばいいのかわからない

という人もいるかと思うので、その人向けに誰でも簡単に使えるキーワードをお伝えします。

それは「相手の見た目・持ち物」を話題にして話すことです。

たとえば、時計やネイル、髪型、服装など、「いいな!」と思ったことを素直に伝えてあげましょう。

具体例をAさん、Bさんの会話で紹介します。

Aさん:はじめまして、Aといいます。Bさんの時計かっこいいですね。どこのブランドのものですか?

Bさん:はじめまして、これは〇〇のブランドの時計なんですよ。時計好きなんですか?

このように、挨拶と同時に会話が続くきっかけを作ることができます。
しかも相手が興味関心がある話題であれば、まず変な空気になることはないでしょう。

これならいきなり本題を話すよりも良い空気を作った状態で本題につなげることができます。

本題を話す前に、緊張を和らげるためにも積極的にアイスブレイクを使ってみましょう。

コメント