【初心者向け】バイナンスのセービングのやり方を超わかりやすく解説

仮想通貨

✔仮想通貨の運用を考えてる人の悩み

「仮想通貨の資産運用をしてみたいけど、やり方がわからない・・・」

「手持ちの仮想通貨を手軽に増やしたいけど、なにか方法はないかな・・・」

そんな疑問にお答えします。

 

✔本記事の構成
・そもそもセービングとは?
・フレキシブルセービングと定期セービングの違いを解説します。
・セービングのやり方を画像付きで紹介します
私自身、ビットフライヤーで購入した仮想通貨をバイナンスに預けて資産運用をしています。
今年の4月ごろから始めて、定期的にバイナンスから利息を得ています。

 

「そもそもバイナンスってなに?」という方は、以下の記事紹介していますのでご覧ください。
>>【初心者向け】Binance(バイナンス)の登録・口座開設方法を画像付きで解説

そもそもセービングとは?

「セービングなんて聞いたことがない」と思う方がほとんどかと思います。
ここではセービングの特徴と種類について解説します。

 

セービングの特徴

銀行でいう普通口座と同じと思っていただいて問題ありません。
円を預けるのが銀行、仮想通貨を預けるのがバイナンスが提供しているセービングです。
預けた期間に応じて、利息を得ることができます。

 

仮想通貨にはセービング以外にも運用方法がありますが、初心者にはリスクがあるのと、わかりにくい部分もあるのでオススメしません。
むしろ、セービングのみで十分でしょう。

どういう種類があるのか

フレキシブルセービングと定期セービングの2種類があります。
両方とも紹介しますので、安心してくださいね。

フレキシブルセービングと定期セービングの違いを解説します

Female hand with smartphone trading stock online in coffee shop , Business concept

初心者の方は「フレキシブルセービング」一択ですね。

これだけでも銀行に円を預けたとき以上の利息を得ることができます。

フレキシブルセービング

✔どういう方法なのか
仮想通貨を一定額・一定期間預けることで利息を得られる仕組みです。
預ける期間は決められてなく、いつでも預けた仮想通貨を引き出しことが可能です。

 

✔どれくらいの利率なのか
2021/7時点で以下の通りです。
通貨利率
BTC0.8%
USDT2.00%
BUSD2.19%
利息の高いものだと、MDXという仮想通貨で5.00%になります。

 

✔メリット
①7日間預けるごとに利息がもらえます。
ビットコインだと0.8%です。いっけん低いように見えますが、銀行の預金口座は年利で0.001%なのでそれに比べたら800倍という驚異の利息を手に入れることができます。
ただし、セービングした当日は利息がつかず、実質翌日から7日間経って初めて利息を得ることができます。

 

②仮想通貨の引き出しがしやすい
基本的にフレキシブルセービングはいつでも預けた仮想通貨を取り出すことができます。
仮想通貨を円に戻したいときなど、どうしても引き出したくなったときは非常に便利です。

 

③対応している仮想通貨の数が多い
ビットコインやイーサリアムをはじめ、106種類の仮想通貨が対象になっています。よほどマニアックなものでない限りフレキシブルセービングは利用できますね。

 

✔デメリット
仮想通貨によって利率が大きく異なります。
ビットコインは0.8%ですが、BUSDは2.19%です。
仮想通貨によって利率が異なるため、預ける仮想通貨はよく考えましょう。

定期セービング

✔どういう方法なのか

フレキシブルセービングよりも多くの利息を得る方法です。
具体的に言うと、預けた期間によって、利息も変わります。
期間は7日・14日・30日・90日の4種類があり、預ける期間が長いほど利息も大きくなります。

✔どれくらいの利率なのか

通貨フレキシブルセービング定期セービング(90日間)
BTC0.8%7.00%
USDT2.00%4.80%
BUSD2.19%5.10%
いずれの仮想通貨もフレキリブルセービングより大きな利息になっています。

✔メリット

①フレキシブルセービングよりも利息が大きい

ビットコインなら利率は7%です。

ただ預けるだけもらえるのは美味しいですね。

すぐに引き出す予定がなければ、定期セービングは非常にメリットの大きい資産運用法です。

 

✔デメリット

①対象の仮想通貨が少ない
いまは6種類(BTC/LINK/FUN/USDT/BUSD・USDC)しかありません。
イーサリアムやリップルといった人気の仮想通貨も対象外なので、そこだけは注意ですね。

 

②預けた期間の間は取り出せない
定期セービングは利率が高い分、指定した期間は引き出すことができません。
「しばらくは引き出すつもりはないよ」という人のみ利用することをオススメします。

セービングのやり方を画像付きで紹介します

Businessman hand drawn arrow up as step stair with business strategy icons on blue background, Business development strategy, Action plan and goal concepts, copy space

ここからは実際に画面にそって動かしたいと思います。
小難しい話はないので、安心してくださいね。

まだバイナンスのアカウントがないという方は、こちらから無料でアカウントの発行ができます
>>バイナンスの無料登録はこちらから

①バイナンスアーニングを選択

 

ログイン後にファイナンス -> バイナンスアーニング を選択します

②フレキリブルセービングの中から預けたい仮想通貨を選択

「ビットコインを預けたいな」という人は、BTCから「振替」を選択します。

 

③預けたい数量を入力

定期登録量に預けたい数量を入力します。
入力できる数は「利用可能〇〇BTC」に表示されている値になります。
あとは「振替が確認されました」のボタンを押せば完了です!

 

ね、カンタンでしょ?
次からは「定期セービング」のやり方を紹介します

④定期セービング

②の画面から下方向にスクロールすると「定期セービング」の一覧が表示されます。

ビットコインの場合は、年利7.00%で期間は90日間と決まっています。

こちらも「振替」ボタンを押すことで、次の画面に移ります。

⑤預けたい数量を入力

フレキリブルセービングと同様に預けたい数量を入力します。

ただし、定期セービングの場合はロットサイズ(預けることのできる最低数量)が決まっています。

ビットコインだと0.01BTCなので、定期セービングを利用するには0.01BTC以上を入力する必要があります。

まとめ

本記事では、初心者向けの仮想通貨の運用法である「セービング」について紹介しました。

 

✔セービングとは?
・銀行でいう普通口座と同じ。預けた金額に応じて利息を得られる仕組み。
-------------------------------------------------------------------------------
✔フレキシブルセービングとは?
・仮想通貨を一定額・一定期間預けることで利息を得られる仕組み。
・預ける期間は決められてなく、いつでも預けた仮想通貨を引き出しことが可能なため、リスクがほぼない。
-------------------------------------------------------------------------------
✔定期セービングとは?
・フレキシブルセービングよりも多くの利息を得られる。
・預けた期間によって利息も変わる。
・期間は7日・14日・30日・90日の4種類がある。
メガバンクのような銀行にお金を預けても、手数料で200円近く取られる中で、バイナンスは預けるだけで0.8%も利息を得られる世界です。

 

仮想通貨をすでに持っている方も、資産運用の面でバイナンスという次世代の銀行に預けてみるのはいかがでしょうか。

コメント