【初心者向け】コインチェックとビットフライヤーの違いを分かりやすく解説

仮想通貨
Crypotycurency mining concept. Idea of earning bitcoin using computer. Miner with laptop. Isolated vector illustration in cartoon style

✔仮想通貨を始めようと思ってる人の悩み

「コインチェックとビットフライヤーの違いが知りたい」

「コインチェックとビットフライヤーはどっちがお得?

そんな疑問にお答えします。

✔本記事の内容
コインチェックビットフライヤーの違いを紹介します
✔本記事の信頼性
・私自身、ビットフライヤーコインチェックの両方に口座を持っています。
・仮想通貨を勉強して2か月で、ビットコインとイーサリアムへの投資をしていますので、これから仮想通貨を始めようとしている人の立場で紹介できます。

スポンサードサーチ

コインチェックとビットフライヤーの違いをカンタンに紹介します

コインチェックとビットフライヤーの違いをカンタンに紹介します

SNSやほかのブログをみると、細かく書きすぎて、初心者には「なるほどわからん」状態になる方も多いと思います。

ここでは、取り扱いの種類と手数料といった項目に絞り、わかりやすく紹介していきます。
また、手数料は「入出金手数料・日本円への出金・仮想通貨の送付手数料」の3つに分けて紹介します。

取り扱い種類の違い

ビットフライヤーコインチェック
11種類16種類

マイナーな仮想通貨を扱い人はコインチェック、定番の仮想通貨を売買したい人はビットフライヤーがオススメです。

コインチェックとビットフライヤー共通で購入できるコイン(11種類)

名称略称
ビットコインBTC
イーサリアムETH
リップルXRP
デゾスXTZ
ステラルーメンXLM
ネムXEM
ベーシックアテンショントークンBAT
イーサリアムクラシックETC
ライトコインLTC
ビットコインキャッシュBCH
モナコインMONA
リスクLSK

コインチェックだけで買えるコイン(5種類)

名称略称
アイオーエスティーIOST
ファクトムFCT
クアンタムQTUM
エンジンコインENJ
オーエムジーOMG

入出金手数料

ビットフライヤー

住信SBIネット銀行から無料
住信SBIネット銀行以外から330円

コインチェック

3万円未満770 円
3万円以上30万円以下1018 円

日本円出金

ビットフライヤー

3 万円未満の出金*220 円
3 万円以上の出金*440 円

※三井住友銀行の場合

コインチェック

一律407円です。

代表的な仮想通貨の送付手数料

ビットフライヤー

ビットコイン0.0004 BTC
イーサ0.005 ETH
リップル無料

コインチェック

ビットコイン0.001 BTC
イーサ0.01 ETH
リップル0.15 XRP

最低注文金額の違い

ビットフライヤー

ビットコイン(販売所)0.00000001 BTC
ビットコイン(取引所)0.001 BTC
イーサ(販売所/取引所)0.00000001 ETH
リップル(販売所/取引所)0.000001 XRP

コインチェック

ビットコイン(販売所)0.001BTC
ビットコイン(取引所)0.005BTC

スプレッドの違い

スプレッドとは、販売所をつかったときにかかる、いわば"運営元"に支払う手数料のことです。

コインチェック

販売所での購入・売却におけるスプレッドをまとめました。

購入売却
4,140,443 円※3,898,635 円※

※基準額:4,022,548円としたとき

・購入の場合、4,140,443 - 4,022,548 = 117,895
117,895 / 4,140,443 = 2.8% がスプレッドになります。
・売却の場合、4,022,548 - 3,898,635 = 123,913
123,913/ 3,898,635 = 3.1% がスプレッドになります。

まとめると、コインチェックのスプレッドは以下の通りです。

購入2.8%
売却3.1%

ビットフライヤーの販売所でも同様の計算をしたところ、

購入2.9%
売却3.06%

でした。
ほぼコインチェックとビットフライヤーでは、スプレッドに大差ないことがわかります。

ビットフライヤーの販売所に関するブログ記事はこちらに詳細に書いております。
>>ビットフライヤーの取引手数料をわかりやすく解説

スポンサードサーチ

コインチェックとビットフライヤーの違いまとめ

コインチェックとビットフライヤーの違いまとめ

コインチェックビットフライヤーの主な違いは以下の通りです。

・入金手数料
・日本円への出金手数料
・扱っているコインの種類
・仮想通貨の送金手数料
・最低注文金額

の5つでした。

「なるべく仮想通貨を安く買いたい」人は、入金手数料が安いビットフライヤー、「マイナーな仮想通貨も見てみたい」人は、取り扱い種類が多いコインチェックがオススメです。

ビットフライヤーに関する記事は以下にも書いてますので、「ビットフライヤーを使ってみようかな」と考えてる人はぜひご覧ください。
>>ビットフライヤーで仮想通貨/ビットコインの買い方を紹介

コメント