【悪い評判は?】人気のWebプログラミングスクール「デイトラ」を徹底解説!

プログラミング
Developing programmer Development Website design and coding technologies working at home

✔デイトラの悪い評判が気になる駆け出しエンジニア
「デイトラの評判ってどうなの?」
「デイトラのサービスが知りたいな」
「デイトラのメリット、デメリットは?」

そんな疑問に分かりやすくお答えします!

✔本記事の内容
・デイトラの良い口コミ、悪い口コミを紹介します
・デイトラの特徴を紹介
・デイトラのメリット、デメリットを紹介

私はスクール出身の現役エンジニアです。中でもデイトラは評判がよく、100万人越えのYouTuberも勧めています、

私自身も徹底的に口コミを調べて記事を公開してますので、信頼性についてはご安心ください。
良い意見だけでなく、悪い意見も含めて「忖度なし」で紹介します。

デイトラの公式サイトはこちらから♪

スポンサードサーチ

デイトラの特徴を徹底解説

デイトラについて、運用会社なコース内容、サポート体制についてまとめます。

運営会社

デイトラは「東京フリーランス」が運営している完全オンラインのプログラミングスクールです。
ブログやYouTubeでも目にかかることが多いです。
わずか4人で運営しているにも関わらず、2年で受講者が1万人を突破している注目のスクールです。

内容

デイトラで提供されているのは全9コースです。Javaのような業務システム開発のコースはなく、ブログのようなWeb制作やWebアプリ開発を中心としたコース構成になっています。

コース名概要料金(税込)
Web制作コースWordPressをつかってサイト構築をする99,800円
RailsコースRubyによるWebアプリ作成を目指す99,800円
Webデザインコースデザインスキルを身に着ける99,800円
ShopifyEC構築コースECストア構築59,800円
動画編集コースYouTubeの編集に特化79,800円
Pythonコース機械学習によるデータ分析を学べる89,800円
Webマーケティングコース広告運用やサイト改善スキルを学べる99,800円
ドローンコースドローンの商用パイロット資格が取れる79,800円
クリエイティブコースECのデザインとマーケティングに特化した99,800円

 

サポート体制

デイトラ受講中のサポート体制は次の通りです。

✔教材を無制限に閲覧できる、しかもアップデートあり

デイトラの学習期間は90日間を想定したカリキュラムです。
とはいえ、学習終了後も教材は見たいですよね。
デイトラは期間無制限に見れますし、また随時アップデートされ続けます。
トレンドに合わせて教材が追加されるのも安心ですね。

✔メンターに1年間質問し放題

大半のスクールは学習期間のみ質問ができますが、デイトラは1年間も質問できます。
課題やカリキュラムのことなど、いつでも気軽に問い合わせできるのは魅力です。

✔勉強会への無料参加

時代に合ったWebセミナー形式の勉強会に無料で参加できます。
案件獲得講座のような、営業のノウハウも学ぶことができますよ。

デイトラの公式サイトはこちらから♪

スポンサードサーチ

デイトラの良い評判、悪い評判を紹介

Customer service experience and satisfaction survey concept with happy face smile face, facial expressions negative, neutral and positive on blue background.

ここからはデイトラの良い口コミ、悪い口コミを忖度なしで紹介します。

テイトラの悪い評判

・Webデザインコースにイラレやフォトショを使わない

デザインソフトの定番といえばアドビ製品ですね。
ただ、アドビ製品はサブスクの中でも高額なので、あえて教材には使用していない可能性もあります。

・課題が難しい

特に卒業制作は難易度が高いようです。
とはいえ、実務では難しいことだらけなので、「スクールだから簡単にしよう」ということにもしないのは大事な点でしょう。

・返金ができない

デイトラは返金ができませんので、受講前によく考える必要があります。
10万円も大金なので、「将来どれくらいになって返ってくるか」を自分の学習目的とすり合わせることが大事です。
たまにキャンペーンで全額返金キャンペーンのようなことも告知されているので、SNSは要チェックですよ。

 

デイトラの良い評判

✔動画でいつでも学習できる

プログラミングはテキストベースの学習だと難しいため、動画形式だと学びやすいですね。
通勤・通学中にサクッと見れるので「ながら学習」にも最適です。

✔メンターがいるので挫折しにくい

デイトラは90日間で講座をやり遂げることを目標にしている教材です。
途中つまづいても、チャットでメンターと呼ばれる現役エンジニアと相談することができます。

独学でのプログラミングの挫折率は9割と呼ばれるくらい、相談相手がいることがとても重要になります。
チャットが可能な時間も原則12:00~22:00と一日10時間となっているため仕事終わりでも相談できるのはありがたいですね。

✔低価格で受講できる

全てのコースが10万以下で受講できます。また、他の有名なスクールと比べても、3分の一以下の価格で受講できるのは嬉しいですよね。

スクール名金額期間
テックアカデミー284,900円~3か月
DMM commit640,800円~3か月
デイトラ99,800円3か月

 

✔SNSが活発

特に運営のしょーヘーさんがリプで返してくれることもあるので、一人ぼっちにならずに済みます

✔ほかの受講者の作品もみれる

SNSで発信している人が多いため、同じ課題でも十人十色の作品が出来上がります。
他の人の作品の良いところを吸収できますね、

デイトラの公式サイトはこちらから♪

スポンサードサーチ

デイトラはどんな人にオススメ、オススメしないか

デイトラをオススメしないのは次のような方たちです。
1.答えを教えてもらえないと何をできない人
2.教室型のスクールを希望する人
3.転職や返金保証を求める人
4.コースに無い言語を習得したい人
逆にデイトラをオススメするのは次のような方たちです。
1.自分で調べながら勉強するのが好きな人
2.就職もしくは副業でプログラミングスキルを活かしたい人
3.オンライン完結でプログラミング学習をしたいひと
4.学習費用を抑えたい人

エンジニアは基本的に調べながら仕事をすることが多い業種です。
逆に言えばググる癖させつければ、スキルは後からでもついてきますよ。

SNSが活発的なプログラミングスクールは、デイトラ以外にはないでしょう。
ぜひ、デイトラでプログラミングの世界に飛び込んでみるのはいかがでしょうか。

デイトラの公式サイトはこちらから♪

コメント