エンジニアに転職するメリットとデメリットを3つずつ紹介します

転職

これからエンジニアに転職を考えてる人
「エンジニアになるメリットとデメリットが知りたいな。」
「エンジニアに転職したいけど、未経験からでも大丈夫かな」

「エンジニアに向いている人ってどんな人かな」

そんな疑問にお答えします。
✔本記事の内容
・エンジニアに転職するメリットとデメリットを紹介します
・未経験からでも転職できる理由
・エンジニアに向いている人は、〇〇の特徴あり
私自身、テレアポという営業からシステムエンジニアに転職しました。
そんな30代から未経験で転職に成功している私が解説していきます。

エンジニアに転職するメリットとデメリットを紹介します


最近のSNSの風潮だと、「エンジニアは稼げる」「フルリモートできる」などキレイな言葉だけが並べられる印象があります。
ここでは、エンジニアになって6か月の私が感じたメリットとデメリットを両方解説していきます。
まず、メリットとデメリットは次の通りです。
・メリット1:"技術"というスキルが残る
・メリット2:転職しやすい
・メリット3:副業に活かせる
・デメリット1:入社前にある程度スキルを付けないと難しい
・デメリット2:土日祝も出勤になる可能性がある
・デメリット3:常に勉強しつづける必要がある
それぞれ1つずつ紹介していきます。

メリット1:"技術"というスキルが残る

「エンジニア」とひとくくりにいっても、ソフトウェアやハードウェア、ネットワークを担当するエンジニアなど幅広い分野があります。
エンジニアになれば自社だけでなく他社でも活かせるため、宝の持ち腐れにならなくなります。

メリット2:転職しやすい

スキルが残れば、他社でも活かせるため転職がしやすくなります。
営業やマーケティングといった職業だと、会社ごとに商材や顧客の特徴などを覚えなおす必要があります。
エンジニアの場合、プログラミング言語はJavaならJava、PHPならPHPなど世界共通のため、ゼロから覚えなおす必要がありません。
積み上げ式でスキルが活かせるのはエンジニアの強みですね。

メリット3:副業に活かせる

会社で学んだスキルをそのまま副業に活かすことができます。
・プログラマーならコーディング案件
・デザイナーならWeb制作
というように、
ココナラランサーズクラウドワークスなどでWeb制作やデザインができることを提案すれば、カンタンに副収入を得ることができます。

デメリット1:入社前にある程度スキルを付けないと難しい

「スキルはないけど、やる気だけはあります!」という方は、残念ながら転職できません。
たまたま就職できても続かないでしょう・・・
独学やスクールなど、どんな形でもいいのでプログラミングやITの基礎知識を身に着けましょう。
下記がオススメです。

デメリット2:土日祝も出勤になる可能性がある

エンジニアには次のような職種が存在します。
フロントエンドエンジニア:Web上の画面の動きをプログラミングする
バックエンドエンジニア:サーバ側とDB側のやり取りをつくる
インフラエンジニア:ネットワーク周り全般を担当する
特にバックエンドやインフラはシステムトラブルが起こりやすいです。
定期的なメンテナンス作業(システムが落ちないようにサーバを強化や、セキュリティ対策のためにWindowsUpdateをしたり)も必要になります。
この作業はユーザーが利用していない夜間や土日祝に行われることも多く、その分休日出勤も増えやすい傾向になります。
そのため友人や恋人との予定が組みにくいのは正直あります。

デメリット3:常に勉強しつづける必要がある

IT業界は進歩が激しい世界です。
・DX
・ブロックチェーン
・5G
この辺りの言葉もここ1年前後で一気に広まった言葉です。
プログラミング言語も毎年流行が異なったり、同じJavaやPHPでもバージョンが異なれば使える機能も変わるため、常に知識をアップデートする必要があります。
勉強に抵抗がない人は問題ないと思いますが、「勉強は大のニガテ」という方にはイバラの道でしょう。

未経験からでも転職できる理由


実務経験がない人にとって、「ホントに転職なんてできるの?」と思うかもしれません。
しかし全く問題ありません、私のように実務未経験からでも転職できますよ。
なぜなら、IT人材が圧倒的に不足しているからです。
2019年に公開された経済産業省のデータによると、2030年で最大79万人のIT人材が不足されると算出されています。
右肩上がりで人が足りていない状況なので、転職しやすいのも事実です。
私自身も営業から未経験で転職できました。
営業をしていた当時は「いまからエンジニアに転職して大丈夫かな」と不安もありましたが、今思えばもっと早く転職すればよかったと思うくらいです笑
とはいえ、エンジニアになるには向き不向きがあるのでは?と思う方もいるかもしれません。
しかし問題ありません、しっかり学習期間をとれば大丈夫です。
私は独学に限界を感じていたので、テックアカデミーというプログラミングスクールに4か月通い転職を成功させました。
大事なことなので改めて伝えますが、しっかり学習期間をとれば実務未経験からでも転職できます。

エンジニアに向いている人は、ラクをしたい人です


意外と思うかもしれませんが、実はエンジニアに向いている人は、ラクをしたい人です。
なぜかというと、エンジニアは問題解決を仕事にしているからです。
たとえば、
「いままで手作業で入力していた出退勤の作業を自動化できないかな」
「ある情報を取り出したいのだけど、いい方法ないかな」
など、エンジニアには世の中の不便さを解消することが多く求められています。
「これって〇〇したら便利だよな」と日頃から考えられる人はエンジニア向きです。
だから、エンジニアに向いている人はラクをしたい人なのです。

まとめ


最後にこの記事の内容をまとめます。

メリットとデメリットは次の通りです。
・メリット1:"技術"というスキルが残る
・メリット2:転職しやすい
・メリット3:副業に活かせる
・デメリット1:入社前にある程度スキルを付けないと難しい
・デメリット2:土日祝も出勤になる可能性がある
・デメリット3:常に勉強しつづける必要がある

✔未経験からでも転職できる理由
・2030年で最大79万人のIT人材が不足されるため、需要が高い
・学習期間をきちんと確保して基礎を身に着けることが大切

✔オススメの学習サイトやスクール
ドットインストール
Progate
Udemy
テックアカデミー

✔日頃から便利さを考えられる人はエンジニア向きです。

いかがでしたでしょうか。
どんな職業にもメリットとデメリットは存在します。

あなたにとってメリットが大きいなと感じたら、まずはプログラミングの勉強から手を付けてみることをオススメします。

コメント