【独学のみ】基本情報技術者試験の合格に必要な勉強時間は6か月です

プログラミング
An overhead shot of a notebook with a fountain pen near an open book and smartphone on a wooden table
✔基本情報に合格したい人の悩み
「基本情報技術者試験に合格するためには、どれくらいの勉強時間が必要なのだろう」
「エンジニアとしての経験かゼロでも大丈夫かな」
「独学でも合格できるのか不安」
こういった疑問にお答えします。
✔本記事の内容
・駆け出しエンジニアが基本情報技術者試験に合格するための勉強時間は6か月です
・基本情報技術者試験は実務経験が浅くても問題ない理由

私は未経験からエンジニアに転職して、就業後の合間を縫って6か月間の勉強で基本情報処理技術者に合格しました。

そのため、これからエンジニアになる人や社会人の方でも十分に合格できるやり方をお伝えすることができます。

基本情報技術者試験に合格するための勉強時間は約6か月です

1036066

これから基本情報技術者試験の合格を目指す人は、約6か月間勉強しましょう。
実務未経験の人が2~3か月で合格するのは、至難の業だからです。
私が合格をするまでのプロセスを書きます。
①初めの3か月間:1日30分程度、キタミ式のテキストを読み進める
②午前試験1か月前:1日1時間程度、基本情報処理試験道場で午前問題を解く
③午前試験に合格後の1か月間:午後対策に平日1時間、土日5~6時間程度

①初めの3か月間:1日30分程度、キタミ式のテキストを読み進める

初めの3か月間はインプットに集中しました。仕事をしながらの学習でしたので、無理せずコツコツと勉強していました。

私が利用したテキストはキタミ式の本です。
初学者でも取り掛かりやすいので、プログラミング初学者にはうってつけです。

②午前試験1か月前:1日1時間程度、基本情報処理試験道場で午前問題を解く

まずは午前試験に合格するために、基本情報技術者過去問道場というサイトを活用してました。

この時期は広く浅くという意味で、過去5年以内の問題を全分野で解いていました。

解説もほとんどの問題でついているため、わからないところはキタミ式のテキストで復習するなどしてました。

③午前試験に合格後の1か月間:午後対策に平日1時間、土日5~6時間程度

午前合格後はすぐに午後対策に移りました。
試験まで1か月もなかったため、「表計算対策」と「アルゴリズム」、「情報セキュリティ」を中心とした対策に絞り勉強をしていました。

✔表計算の対策

表計算は、表計算 とっておきの解法という書籍で勉強しました。午後試験の本番20日前から始めましたので、もう少し早めに始められたら良かったと思います。

✔アルゴリズムの対策

難関のアルゴリズムですが、アルゴリズム図鑑という無料で使えるスマホアプリを使いました。
図解で理解できるため、アルゴリズムが大の苦手な私にとっては取り組みやすかったです。

✔情報セキュリティの対策

必須問題の情報セキュリティは、午前と同様、基本情報処理試験道場で過去問を解いてました。
過去15回分を解きましたが、問題として問われるケースや不正解のパターンもある程度把握できるため、情報セキュリティも過去問を解きまくることが有効です。

✔午後対策の結果

①~③の取り組みで、午前が65点、午後は67点を獲得することができ、合格基準点である60点以上を確保することができました。

「ほかの人は1か月くらいで合格している人もいるのに、6か月もかかるの?」と思う方もいるかもしれません、たしかに人によっては短期間で合格することもあると思います。

とはいえ、社会人でかつ駆け出しエンジニアが1~2か月という短期間で合格するのは難しいです。
もし短期間で合格できるとしたら、学生か要領が良い人か、プログラミング経験者だと思いますので、あまり参考にならないでしょう。

大事なことなので改めてお伝えしますが、駆け出しエンジニアが基本情報技術者試験に合格するための勉強時間は約6か月です。

基本情報技術者試験は実務経験が浅くても問題ない理由

基本情報技術者試験は実務経験が浅くても問題ないです。

理由は、誰でも最初は基本情報技術者試験に関する知識はゼロだからです。

私も初めは基本情報処理試験どころか、エンジニアとしての実務経験もほぼない状態からの勉強でした。

6か月間しっかりと勉強したからこそ合格できたと思っています。資格試験はあくまでも試験です。
たしかに実務経験があったほうが試験内容も理解しやすいかもしれませんが、大学受験とおなじように「傾向と対策」を抑えていれば合格点に達することができます。
そのため、基本情報技術者試験は実務経験が浅くても問題ありません。

まとめ

✔駆け出しエンジニアが基本情報技術者試験に合格するための勉強時間は約6か月です。
①初めの3か月間:1日30分程度、キタミ式のテキストを読み進める
>>キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 令和03②午前試験1か月前:1日1時間程度、基本情報技術者過去問道場で午前問題を解く
>>基本情報技術者過去問道場(午前)③午前試験に合格後の1か月間:午後対策に平日1時間、土日5~6時間程度
>>表計算 とっておきの解法
>>アルゴリズム図鑑
>>基本情報技術者過去問道場(午後)

✔基本情報技術者試験に合格するために、実務経験が浅くても問題ない理由は、傾向と対策を抑えていれば合格点に達することができるからです。
これから基本情報技術者試験を受ける人は、1~2か月で合格を目指すのではなく、しっかりとした期間を確保して「1発で合格するぞ!」という気持ちをもって臨みましょう。
 周到な準備が勝利を招く ~映画「メカニックより

コメント