【誰でも簡単】営業電話でアポがとりやすい時間帯は〇〇時

営業

電話営業をしているけど、どの時間が繋がりやすいのか知りたいなあ。加えて、電話した時に失敗もしたくない・・・

こういった疑問に答えます。

✔本記事の内容
1、営業電話で繋がりやすいのは始業30分~1時間、お昼直後、終業1時間前です
2、営業電話でアポが取れる人の特徴は〇〇
3、営業電話で失敗するのは〇〇だから

この記事を書いている私は4年間、マーケティングツールなどの商材の電話営業(テレアポ/インサイドセールス)をしていました。
また過去3回、営業部で優秀賞を受賞しています。

こういった私が解説していきます。

営業電話でアポに繋がりやすいのは始業30分~1時間/お昼直後/終業1時間前

始業30分~1時間後

朝礼直後であれば、まだ自席にいる可能性がたかく、一日を通して最も繋がりやすい時間です。
また、相手も1日のなかで疲労度が低いため、午後よりも話を聞いてくれます。

メリット:1日を通して最もアポがとりやすい時間。相手の疲労度も低いため、話も聞いてくれやすい
デメリット:朝礼や朝会で捕まらない場合がある

お昼直後

午後1はランチから戻ったり、仮に会議があったとしても自席に戻る可能性が高いため、電話がつながりやすいからです

メリット:ランチ後、会議前で自席に戻る可能性が高い
デメリット:始業30分~1時間よりかは相手が多忙な場合が多い

終業1時間前

特に営業マンあての電話になりますが、このターゲット層であれば帰社している場合があるためです。

メリット:外出先から戻っている場合がある
デメリット:終業時間が早い場合、帰り支度を引き留めてしまうためイヤがられる

 

営業電話でアポが取れる人の特徴は〇〇

結論として、初回でアポを取ろうとしない人です。
なぜなら、初めから売るつもりで電話すると、相手も構えてしまうからです。
そのため、まずは相手との信頼関係を創るところからスタートすることが大切です。

私自身も、電話営業をし始めたときは、相手との関係構築よりも初めからアポをとることしか頭になかったからです。加えて、アポを取らなきゃというプレッシャーで必死でした・・・

ここまで読んだ方は、コミュニケーションが得意じゃないと電話営業って難しそうだなと思うかもしれません
しかし問題ありません。私も苦労しましたが、数をこなし練習すれば徐々に慣れてきます。

繰り返しになりますが、初回でアポを取ろうとせず、信頼構築を優先する人がうまくいきます。

営業電話で失敗するのは〇〇だから


営業電話で失敗するのはTAKEばかりする人です。
相手も普段の仕事がある中で、わざわざこちらの話を聞いてくれるので、時間を奪われるだけでは話を聞いてくれないからです。
そのため、相手がこちらの話を聞くメリットを伝える必要があります。

例えば、「以前は〇〇にセミナーにご参加していただきありがとうございました。引き続き△△様にあった情報のご案内ができればとおもい連絡しました」
というような「話をきいてもよさそうだな」と思わせることが大事です。

もちろん、アポを取ることは仕事なので大事ですが、「刈り取る」のではなく「種まきをしつつ刈り取る」ことが大事です。
貴重な連絡先を無駄にしないためにも、TAKEではなくGIVEの精神で電話してみましょう。

上手い人の知恵を吸収しよう

最後に、営業職で活用できる書籍を紹介します。

新人に限らず、3年以上経験がある人にもオススメできます。
先人の知恵を吸収して、現場に活かしましょう。

✔1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

結論と根拠、事実をワンセットでわかりやすく伝える方法をまとめた本です。
図解も多いため、ビジネス本を普段読まない人にもおすすめの本です。

✔営業1年目の教科書

トヨタホームに7年間務めた著者が、600名の営業マンのトップになったときに大事にしていたことをまとめた本です。
営業初心者が大事にすべき基礎基本がまとまっています。

✔営業の神様

アルファポリス

アメリカの自動車メーカー「シボレー」で、たった3年で売上No.1のセールスをたたき出したジラードジョー氏の著書です。
加えてジョー氏が「1973年に売った自動車が1,425台、1ヶ月での最高販売台数は174台という記録は今も破られていない」そうです。

まとめ

本記事をまとめると、

✔営業電話で繋がりやすいのは始業30分~1時間、お昼直後、終業1時間前の3つ
✔アポが取れる人の特徴は初回でアポを取ろうとしない人
✔TAKEばかりする人は失敗する
加えて、営業でうまくいきたい人は知恵も付けましょう。
✔うまくいっている人の知恵を吸収しよう
※次の3冊がオススメです。
1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術
営業1年目の教科書
営業の神様
テレアポも小さなことで大きく成果が変わります。
ぜひみなさまも今回紹介したことや書籍を読んで、大きな成果につなげましょう。

コメント