プログラミングの独学が続かない原因7つ【解決案あります】

プログラミング

独学してる人
「続かない人と続く人の違いはなんなのだろう・・・」

「勉強しているけど続かないのはなぜだろう・・・」

こういった疑問にお答えします。
✔本記事の内容
・独学が続かない原因は次の7つ
・独学が続く人は〇〇の特徴がある人
✔著者の経験
私自身、転職前は独学をしていた時期もありました。
2~3か月の独学後、スクールを併用してエンジニアに転職しています。
そんな私が解説します。

プログラミングの独学が続かない原因は次の7つ


私もプログラミング学習をしてうまくいかないときは、何度も心が折れそうになりました。
特に独学が続かなくなりそうなときは、7つの原因があることがわかりましたので紹介します。

1、期間を決めていない

勉強をした先に「いつまでに」「どのような状態になるか」を決めましょう。
なんとな~く勉強してるだけでは、終わりのないマラソンになってしまいます。
例えば「半年後に転職をする」や「3か月にクラウドソーシングで案件を取る」など、具体的な期限を切る
ことでだらだらやることがなくなります。

2、エラー解決できない

エラーを解決できないまま、泥沼にはまり挫折する人も多いかと思います。
私も独学中はそうでした笑
Google検索でエラーを調べるコツは、
「言語 エラー名」
で検索することです。
これだけでもだいぶ正解に近づきますよ。

3、質問する人がいない

独学だと「どうやって学習したらよいのだろう」と、誰にも相談できずに一人で考え込んでしまうことも多いはず。
そんなときは月額制のオンラインサロンやコミュニティに入ってみましょう。
twitter界隈では多くの集まりがあります。高くても月1000円程度です。
相談会や交流会を積極的にしている集まりを見つけることで、相談ができるだけでなく「自分と同じ悩みを抱えている人」を見つけられます。
意外と「自分と同じ悩み」を抱えている人は多いですよ。

4、勉強する目的が決まってない

思い切って勉強することはとても大切です、ただ、勉強した先にどうなりたいのかを決めることが大事です。
「副業で案件を受けたい」「転職をしたい」「資格を取りたい」など、なんでもいいのでゴール地点を決めましょう。
ゴールを決めることで、〇〇までに△△をする、××をできるようになるという中間目標も決まりますよ。

5、モチベーションが持たない

一人でもくもくと勉強していると、やる気が続かなかったりあきらめてしまうこともあると思います。
モチベーションを保つために、Twitterをやってみましょう。
#駆け出しエンジニアと繋がりたい
#プログラミング学習
#プログラミング初心者
で検索すると、同じようにプログラミングを学び始めた人が多く学習過程を発信しています。
それを観ているだけでも励みになりますよ。

6、基礎だけを学習を繰り返す

特にProgateを利用している人にその傾向があります。
例えばPHPの基礎をやったらRubyに手を出し、レベルを少し上げたらJavaをやるなど・・・
いろんな言語に興味を持つことは大事ですが、まずは一つの言語に集中して学んでみましょう。
基礎を学んだら模写、模写をしたらオリジナルサイトやサービスをつくりましょう。
ドラクエでいうスライムばかりを倒すのではなく、キラーマシンやスライムナイトなど少しずつ強敵に挑んでいくイメージです。
自然とスキルがつきますよ。

7、環境準備がうまくいかない

いざプログラミングを始めようとすると、まずは「プログラミング」をするための環境作りで苦労します・・・
HTML/CSSからであれば、VSCODEのようなツールをインストールさえすればすぐに使えるサービスがあります。
間違っても初めからEclipseやVisual Studioから挑むのはやめましょう・・・

プログラミングの独学が続く人は〇〇の特徴がある人


独学が続く人はロードマップを決めてから学び始める方です。
ロードマップとは「道のり」のことです。
やみくもに学習しても、回り道をしてしまいもったいないからです。
たとえば、1か月目にドットインストールのHTML/CSS講座とアプリ制作の講座を受講、2か月目にLP模写、3か月目にオリジナルサイト作成といったように
いつまでになにをやり遂げるかを決めておくことが大事です。
とはいえ、猪突猛進でまずはやってみるとういうのも大切です。
ただ、学習効率を最大にするためにも事前準備に時間をかけましょう。
まずは、ロードマップを作り、独学へのスタートダッシュを決めましょう!

コメント